株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

No.1 Research Memo(8):2022年2月期の年間配当は26.0円の予想 12月06日15時18分

■株主還元策

No.1<3562>は将来的に安定的な配当を実施することを経営の重要政策と考えている。配当は、今後の事業計画、財務状況等、中長期的な観点から内部留保と安定した成果配分、双方のバランスを勘案したうえで、親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向30%を目途に、将来の事業展開等を総合的に考慮し決定することを基本方針としている。剰余金の配当は原則として中間配当及び期末配当の年2回実施することとしている。

年間配当は株式分割考慮後で、2019年2月期に1株当たり7.5円で開始され、2020年2月期に15.0円、2021年2月期に22.5円と増配が続き、2022年2月期には26.0円の予想となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 石津大希)




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »