株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反落、主力処は軒並み大幅安で節目の1000pt割れが接近 12月06日15時56分

 本日のマザーズ指数は反落となった。朝方は売りが先行して始まり、寄り付き後もマザーズ指数は下げ幅を大幅に拡大。その後は終日1010ptを挟んでのもみ合いとなったが、後場に下げ幅を拡大した場面では、一時1003.97ptまで下落し、節目の1000pt割れが接近する場面もあった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1837.24億円。騰落数は、値上がり93銘柄、値下がり283銘柄、変わらず19銘柄となった。
 個別では、8%高のFRONTEO<2158>がマザーズ売買代金トップにランクイン。FRONTEOの他、グローバルウェイ<3936>、リボミック<4591>など個人投資家の関心が強い銘柄が上昇。東証が6日売買分から信用取引の臨時措置解除した夢展望<3185>や直近IPOのサイエンスアーツ<4412>も買われた。一方、メルカリ<4385>が7%安と大幅に下落した他、ENECHANGE<4169>、フリー<4478>、そーせい<4565>、BASE<4477>、ウェルスナビ<7342>、メドレー<4480>、ココナラ<4176>などマザーズの主力処が全般売りに押される展開。その他、GRCS<9250>、メドレックス<4586>、プロジェクトカンパニー<9246>、HENNGE<4475>なども売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »