株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブリヂストンは後場上げ幅拡大、中国におけるトラック・バス用タイヤの生産拠点を集約 12月07日13時50分

 ブリヂストン<5108.T>は後場上げ幅を拡大している。午後1時ごろ、中国におけるトラック・バス用タイヤの生産拠点を遼寧省瀋陽市の工場に集約すると発表しており、これが好材料視されている。

 広東省恵州市のトラック・バス用タイヤ工場は12月末で閉鎖する。今年2月に発表した中期事業計画の一環で、中国国内の供給体制の最適化や競争力維持を図るのが狙い。なお、同件が21年12月期業績に与える影響は軽微としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ブックオフGが3日続伸、11月既存店売上高が10カ月連続で前年上回る
三谷産業が反発、ベトナムの食品を専門に扱う食品ECサイトをオープン
<個人投資家の予想> 12月07日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »