株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アマガサの第3四半期は5億8900万円の最終赤字 12月09日17時04分

 アマガサ<3070.T>は9日取引終了後、22年1月期第3四半期累計(2~10月)連結営業損益が5億5900万円の赤字(前年同期は6億4000万円の赤字)、純損益は5億8900万円の赤字(同5億6300万円の赤字)だったと発表した。通期計画は引き続き、新たな計画の策定・公表が困難であるとして未定とした。

 なお、第3四半期(8~10月)決算において、希望退職者の募集に伴う「特別退職金」を1300万円、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う店舗施設の休業などの影響で「臨時休業による損失」を1300万円、特別損失としてそれぞれ計上した。このうち前者については第2四半期に見積もり費用として2000万円を計上していたが、今回の洗い替えにより700万円減少したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
9日韓国・KOSPI=終値3029.57(+27.77)
鎌倉新書が22年1月期業績予想を下方修正
明日の株式相場に向けて=ジェットコースター相場の先に見えるもの


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »